バノバギ整形外科

모바일 헤더 배경
닫기

Main Menu

딤처리

明るい印象、そして目の機能の改善まで

#中高年目整形

自然に若返る目元

バノバギは、中年層の目整形に対して悩みを理解し、
その悩みを確実に改善させると共に負担は減らす中高年目整形を追求します。

中高年目整形は、美容に向けた一般的若い層の目整形とは接近を異なわなければなりません。

  • 目の形や大きさの華やかな変化よりは、目元のしわと皮膚たるみの改善を通して若い目で自然に戻すことが重要です。

  • それでも手術に対する負担が少なければなりません。

  • その過程で低下した目の機能まで矯正することができれば二度嬉しいですよね。

バノバギは、そのような価値を実践できるディテールな手術計画さらに満足のいく中高年目整形ができるように努力します。

01 老化による瞼のたれ、
目の健康のためにも改善すべきです

他の皮膚と同様に瞼、または時間が経てば弾力を失い下の方に垂れ下がります。
垂れた瞼は顔を老けたように見せ、視野を遮るようになります。
視野が狭くなると共に顔をしかめたりすれば眉間にしわがいき、全体的な顔のしわの原因になることもあります。

何よりも瞼たるみの大きい問題は目の健康もよくないことです。
目が腫れ、涙が簡単に出て、目尻がただれて接触性皮膚炎を誘発させます。
したがって、瞼のたるみは、上眼瞼手術を通して改善します。

目整形を必要とする中高年方

  • 頻繁な腫れ

  • 目たるみ

  • 目尻のただれ

중년 상안검 수술 모델 이미지

02 不便さにも
躊躇する理由、
バノバギは
知っています

중년 상안검 수술 모델 이미지
  • 01 . 手術に対する恐怖

  • 02 . 印象がパッと変わるかどうかに対する心配

  • 03 . 痛みに対する負担

  • 04 . 日常生活に支障があるかという悩み

ただそのまま我慢しながら生きていくか…

しかし、多くの患者方が瞼たるみによる様々な不便さにも上眼瞼手術を容易に決定しません。
手術に対する呆然とした恐怖、印象が変わって見知らぬ顔になるのではないかという心配、痛みと回復に対して負担感などためです。バノバギは、この部分を理解して患者方により良い方法を提案することに向けて絶えず悩みました。

03 悩みを理解し
非切開
上眼瞼
を考案しました

先に申し上げた、二重埋没上眼瞼をためらってしまう理由の中で大半は、手術に切開が発生することです。 しかし、だからといって切開なしに糸だけで垂れた瞼を矯正するとなると、垂れた瞼を効果的に支えることが難しく、再び解けてしまう恐れもあります。

バノバギは従来の埋没方の方式に組織の癒着という力を与え、二重埋没上眼瞼を考案しました。

아이콘糸の力
아이콘組織の癒着

非切開上眼瞼 삼각형

切開を行わなくても、糸の力と組織の癒着で
二重の力を利用し瞼をより安定的に矯正

非切開上眼瞼は、切開を行わず糸の力と組織の癒着という 二重の力を利用し、さらに効果的で安全的瞼の矯正を誘導します。 非切開で進行されるため、手術に対する負担を減らす長所があります。 手術時間が短くなりよって、回復が早まります。

また、手術後腫れと痛みが少ないため
ないためさらに自然な日常生活に大きな問題が生じることはありません。

より短い
手術時間

比較的
早い回復

効果的で
安全的矯正

非切開
上眼瞼

目を開ける力を
強化

自然で
柔らかい目元

若く明るい
印象

手術情報

麻酔時の痛みまでディテールします

  • 手術時間

    約30分

  • 麻酔方法

    局部麻酔

  • 抜糸除去

    約3~5日後 除去

  • 回復

    約2日後 日常生活

  • 来院治療

    約1回 来院

手術後体感痛覚

수술 후 체감 통증 이미지

微睡眠最少麻酔を通し麻酔による痛みも減らすことができます。 手術後ひりひりした感じと共に熱感を感じる可能性があり、時間が経つにつれて徐々に緩和します。 腫れによる痛みは処方される痛み止めを通し緩和することができ、冷やすことが役立ちます。

  • * 実際に手術された患者方の手術後アンケート資料を通し平均を出したものです。
  • * 絶対的数値ではなく個人差があり参考までにお願い致します。

04 切開上眼瞼でも
自然な目元を作ります

弾力は落ちて失い、ひどく垂れさがった場合には二重埋没上眼瞼で改善させるのは難しいことが事実です。
いくら精密に矯正して目を開ける力を改善させても伸びた皮膚が変わらず垂れ続けば意味がないからです。
そのような場合には、切開上眼瞼を進行させます。伸びきった瞼と過度な脂肪を除去しより確実に瞼の垂れを改善します。

切開上眼瞼であっても瞼が厚くなったり、大きく印象が変わることに対して心配なさらないで大丈夫です。 バノバギは多年間の技術と感覚で二重瞼ラインの調節を可能にするからです。 個人的瞼状態によって睫毛上を精密に切開し、小さな二重が生じたり別に固定せず二重瞼ラインを作らないことも可能です。

もちろん切開手術ですので手術直後には、二重埋没上眼瞼に比べ腫れが多く見え不慣れ感を感じることがあります。しかし時間が経ち腫れが治まったのち、自然で満足な結果を実感することができます。

核心ポイント

  • 01

    睫毛と近い
    切開で自然な
    二重瞼ライン

  • 02

    精密な計算で
    節制する瞼の
    量を決定

  • 03

    必ず必要な
    必ず必要な
    早い回復誘導

  • 04

    はっきりさせた
    目元で
    美しい印象を追求

手術情報

麻酔時の痛みまでディテールします

  • 手術時間

    約40分

  • 麻酔方法

    局部麻酔

  • 抜糸除去

    約4~5日後 除去

  • 回復

    約1週~2週

  • 来院治療

    約1回 来院

手術後体感痛覚

수술 후 체감 통증 이미지

微睡眠最少麻酔を通し麻酔による痛みも減らすことができます。 手術後ひりひりした感じと共に熱感を感じる可能性があり、時間が経つにつれて徐々に緩和します。 腫れによる痛みは処方される痛み止めを通し緩和することができ、冷やすことが役立ちます。

  • * 実際に手術された患者方の手術後アンケート資料を通し平均を出したものです。
  • * 絶対的数値ではなく個人差があり参考までにお願い致します。

01 複合的に残る
目下の老化痕跡、
下眼瞼で効果を見ることができます

目下は目横の細かいしわと共に目元の老化が
最も目立って見える部分のひとつ
です。

目下皮膚が弾力を失いしわが生じ、トーンが下がり脂肪ポッケトが伸びる形が見えます。このような姿は特に疲れて見えたり、老けて見える印象を与えるポイントです。下眼瞼手術を通して改善させながら、状態的により若く見せ、印象自体が明るくさせる効果を見ることができます。太陽の露出による微細な細かいしわの場合にはレーザー治療を考えることもありますが、大部分の場合手術的方法である下眼瞼手術を通して改善することが効果的です。

下眼瞼手術が必要な場合

暗く見える目の下
目下のしわ
下が盛りあっがた脂肪ポケット形成

02 下眼瞼
多様な
改善効果を見ることのできる手術です

下眼瞼手術は下瞼の睫毛根元を切開し、不要な皮膚や脂肪を除去する手術です。
患者方個人的の状態によって深くしわがある場合なら、しわを引っ張り脂肪ポケットが形成され目下が突き出た場合には、適当量の脂肪を除去し繊細にしてくれます。

一度の手術でしわ、皮膚、トーン、脂肪など目下の複合的悩みを改善することができるため満足度が高い手術です。

下眼瞼手術過程で皮膚を過度に節制するようになれば、白目が露出して見えるため、豊富な経験と体系的な手術ができる専門医を見つけることが重要です。バノバギは精密な切開と皮膚内側の結膜を通して脂肪を除去する二重方法で、副作用の可能性を軽減するとともに手術後さらに早い回復を誘導します。

また、睫毛内側を切開するため傷口がほぼ見えず、負担も少なく自然に目下の老化を改善することができます。

下眼瞼の長所

  • 睫毛に
    近い切開で
    傷口・負担が
    少ないです

  • 精密な
    脂肪矯正で
    はっきりな目下が
    維持されます

  • 体系的
    手術で
    副作用の
    危険を減少します

  • 適切な切開と
    術後管理で
    回復が
    早くなります

歳月で失った
美しさをもう一度

歳をとったのにどうしてこんなに綺麗なのかと
周囲の人たちが先に気づき、声をかけてくれる…

新しく自分に生まれ変わったみたいです!

BEFORE

※ 本イメージは撮影条件によって、実物と異なることがあり、患者本人の同意を得て撮影後、掲載されたものです

手術情報

適切な切開と体系的な管理で比較的早い回復を誘導します

  • 手術時間

    約1時間以内

  • 麻酔方法

    睡眠麻酔

  • 抜糸除去

    約7日

  • 回復

    約1週~2週

  • 来院治療

    約1回 来院

手術後体感痛覚

수술 후 체감 통증 이미지

微睡眠最少麻酔を通し麻酔による痛みも減らすことができます。 手術後ひりひりした感じと共に熱感を感じる可能性があり、時間が経つにつれて徐々に緩和します。 腫れによる痛みは処方される痛み止めを通し緩和することができ、冷やすことが役立ちます。 痛みは処方される鎮痛剤を通じて緩和することができ、アイスパックが役立ちます。

  • * 実際に手術された患者方の手術後アンケート資料を通し平均を出したものです。
  • * 絶対的数値ではなく個人差があり参考までにお願い致します。

クリックしますと症例写真をご覧いただけます

手術前&手術後

手術前&手術後

手術前
手術後3ヶ月
手術前
手術後3ヶ月
手術前
手術後3ヶ月

※ 本イメージは撮影条件によって実物と異なる場合があります。患者様本人の同意を得て撮影後掲載しました。