Mobile Header BG
닫기

Main Menu

딤처리

人生の転換点になるかもしれない大きな決心 #全身脂肪吸引

一度に改善するボディライン

01 悩み切実さ 知ることを
さらに努力します

  • 全身の脂肪吸引
  • 肥満は治療しなければなりません。 肥満は、個人の力だけでは克服するのは大変で、疾病で分類できるくらい専門医療のお手伝いが求められます。 19年の間脂肪吸引手術をして、肥満患者治療を見てきました。 患者方々が相談室を来られる前にどのくらいたくさん努力をしたのか、悩みが大きいのか知っています。 だからもっと、深く相談し患者方々の体型と生活パターンまで分析します。

    バノバギ大容量脂肪吸引は、単にすらりとした体に向けた手術ではなく、患者の人生が変わることのできる動機付けが可能した変化を与えます。 そして、手術をした後にも、患者の変化を守るため、 info リコールシステム リコールシステム
    手術6ヵ月後サイズ変化が あまりない場合、多様した方法で リコール差し上げるバノバギの 心です。
    を運営しています。

  • 02 全身脂肪吸引、
    一度にしなければなりません

    img

    全身脂肪吸引を固執する理由は身体均衡、つまりバランスなのです。手術を数回に分けてすれば以前の手術による腫れが残っている状態で2次、3次と手術することになれば精密度と満足度が下がります。

    全身脂肪移植を一日に、
    一度の手術でやりこなす病院はほぼありません。

    その理由は、一度に8.000~10.000ccほどの多くの脂肪を抜き出す手術が身体コンディションを低下させるからです。電解質や血液など体内の様々な要素たちの急激な変化が身体に悪影響をおぼよすこともあります。ですが、これらは全体に医者の能力にかかっています。

    バノバギボディ整形担当チームは違います。 全身脂肪吸引を一度に進行します。長くの経験とノウハウで出血は最小化し多くの量の脂肪を抜く技術を備えました。またバノバギ麻酔チームのノウハウは患者のコンディションを調節する上手な対立が可能です。 実際にバノバギは一度に進行できる大容量の脂肪吸引を長い期間の間、無事故で進行しています。

    脂肪吸引後 厚さの減少幅は?

    腹部 8~15cm    /   太もも 5~10cm    /   腕 4~8cm

    ※ 手術結果は個人差がございます。

  • 全身の脂肪吸引2
  • 03 科学と医学、
    美学の 調和が必要です。

    脂肪吸引手術後で脂肪を溶かし選ぶ技術は科学の領域です。
    優れた性能の装備を適切によく活用するなら誤差を減らし効果的な手術が期待できます。

    その次、組織損傷を最小限にすることは医学の領域です。
    医学的知識が豊富し経験が多い医療人が手術すれば出血を減らし組織損傷を最小化します。

    脂肪吸引最終段階は繊細にラインを作り美しく彫刻する美学の領域です。
    身体バランスに対して長く悩みと患者個人個人に合ったデザインを基にバノバギの感覚が完成です。

  • アキュスコルプ
    レーザー脂肪吸引

  • プラズマ
    レーザー脂肪吸引

  • ボディタイト
    脂肪吸引

  • オコニア
    レーザー脂肪吸引

  • L-Pal
    脂肪吸引

  • PAL
    (Power Assisted Lipoplasty)

  • テュメセント
    脂肪吸引

  • 04 安全
    果敢にします

    局所部位の脂肪吸引ならば、睡眠麻酔が適合できます。
    ですが、全身脂肪吸引は全身麻酔で進行します。
    多様した部位を一度に手術しなければならず、吸引しようとする脂肪の量も多いからです。またそのようにしたことが患者に負担も少ないです。
    バノバギは麻酔と専門のチームが病院に常駐しながら安全な手術を責任を持って行います。
    だからより良い結果を出すことができる果敢した手術が可能です。

手術情報

  • 手術時間

    約4時間~5時間

  • 麻酔方法

    全身麻酔

  • 抜糸

    約1日

  • 入院期間

    約1日

  • 来院治療

    マッサージ、腫れ、アザ管理 2回ほど

  • 回復

    約1週後日常生活可能,激しい運動は約1ヶ月後から

手術後の痛み

  1. circle
  2. circle
  3. circle
  4. circle
  5. circle
  6. circle
  7. circle
  8. circle
  9. circle
  10. circle

全身麻酔を通して施術による痛覚はほぼありません。
施術後腫れは感じと共にひりひりとしたほどの痛覚があり、保冷剤を通し痛みを緩和することができます。 身体全体的な範囲に手術するので約2~3日ほどは日常生活での不便間があります。 全体的なあざと痛みは手術後提供される管理プログラムを通し徐々に緩和します。

* 実際手術された患者様方の手術後の設問材料を通し平均を出しました。

* 絶対的数値ではなく個人差がありますので参考までにしてください。

クリックしますと症例写真をご覧いただけます

手術前&手術後

手術前&手術後

手術前
手術後4ヶ月
手術前
手術後6ヶ月
手術前
手術後4ヶ月
手術前
手術後3ヶ月
手術前
手術後2ヶ月
手術前
手術後2ヶ月

※ 本イメージは撮影条件によって実物と異なる場合があります。患者様本人の同意を得て撮影後掲載しました。