Mobile Header BG
닫기

Main Menu

딤처리

顔面輪郭 技術力の集約 #頬骨手術

緻密な設計に完成する小さく柔らかい顔型

01 顔は頬骨があれば
より美しいです

強く見える印象を与え滑らかでない顔のラインを作る頬骨。 多くの患者方が頬骨のせいで悩まれ整形外科相談室に訪れます。 ですが、反対にビューティーブログやTVプログラムでは頬骨を生かしたメイクアップを熱心に説明しています。

誰かは頬骨をなくしたいと、誰かは浮き彫りにさせたいと皮肉な現実。 その理由は頬骨が顔の割合に合う適当な形ならむしろ顔を生き生きした立体感があるように作り出すことができるからです。

だから頬骨手術は単に頬骨を削る方法ではなく、 顔に似合う綺麗な形が頬骨を生かす方法に 接近しなければなりません。

model model

02 頬骨の再配置が
核心です。

バノバギは頬骨の本体とアーチを含めた頬骨複数体をひとつのユニットに移動させます。つまり、頬骨を削らず切り適合した位置に移すことです。この方法は個人個人頬骨の形に合わせることができる骨を切る感覚と限界に近い骨切りラインをデザイン出来る技術があるからこそ可能な手術です。 安全な範囲内でより広い範囲に移動させると効果的であるためです。

一般的頬骨を切る範囲

一般的頬骨を切る範囲

バノバギで可能な頬骨を切る範囲

バノバギで可能な頬骨を切る範囲

このように改善する頬骨は既存骨の再配置のために形態的に自
然で多角度から比較的多い縮小効果
を見ることができます。

03 効果的で改善したほど
しっかりと固定します

img

骨を削らず再配置するバノバギ頬骨手術、また他の長所は安全で堅固だということです。 バノバギは頬骨複合体内側の側頭筋が与える力を計算しながら頬骨を固定します。 また接続部位の前側と後ろ側を同時に力学的に固定させます。 このようにきちんと固定されれば、一般的な骨切の状況と共に人体が自然に回復し、骨はさらに丈夫に根付きます。

img
point

綺麗な頬骨を作る顔骨固定術
バノバギの技術力です。

  • 01

    頬骨複合体に加えられる力を科学的に分析

  • 02

    骨接触部位を免学的で堅固に固定

  • 03

    ボディ部位と顴骨部位を堅固に同時固定

  • バノバギの技術力

  • 01

    頬骨複合体に加えられる力を科学的に分析

  • 02

    骨接触部位を免学的で堅固に固定

  • 03

    ボディ部位と顴骨部位を堅固に同時固定

  • バノバギの技術力

手術情報

  • 手術時間

    約1時間~1時間30分

  • 麻酔方法

    全身麻酔

  • 抜糸

    約7日後除去

  • 入院期間

    日帰り / 1日入院

  • 来院治療

    約1~2回

  • 回復

    約5~7日後日常生活可能

手術後の痛み

  1. circle
  2. circle
  3. circle
  4. circle
  5. circle
  6. circle
  7. circle
  8. circle
  9. circle
  10. circle

麻酔がきれればひりひりとした程度の痛みを感じることがあります。
凝っている感じや不便さを感じれば処方された痛み止めで痛覚を減らすことができます。
ある程度の圧力や衝撃を加えなければ骨の痛みは切開による痛みより少ないです。
痛みやひどい腫れは約5日前後で消え始めます。
体系的な治療システムで比較的早い回復が可能です。

* 実際手術された患者様方の手術後の設問材料を通し平均を出しました。

* 絶対的数値ではなく個人差がありますので参考までにしてください。

皮膚のたるみまで
予防
する頬骨整形を
追求します

頬骨位置が変わりながら大きさが減ると骨を覆っている軟部組織も共に減らさなければなりません。しかし皮膚の老化があったり弾力が少なければ皮膚が頬骨の縮小量に追いつけず頬たるみが発生することがあります。 特に顔の構造上涙溝(目頭から頬にかかるしわ)とインディアンベント、ほうれい線ができてしまう可能性があります。

  • 涙溝(エンドタイン)
    涙溝(エンドタイン)

    涙溝
    (エンドタイン)

  • インディアンバント(弾力バント、エンドタイン)

    インディアンバント
    (弾力バント、エンドタイン)

  • ほうれい線(弾力バンド、エンドタイン)

    ほうれい線
    (弾力バンド、エンドタイン)

手術情報

  • 手術時間

    約50分

  • 麻酔方法

    全身麻酔/局所麻酔

  • 抜糸

    約14日後除去

  • 入院期間

    日帰り

  • 来院治療

    約1回

  • 回復

    約5~7日後日常生活可能

手術後の痛み

  1. circle
  2. circle
  3. circle
  4. circle
  5. circle
  6. circle
  7. circle
  8. circle
  9. circle
  10. circle

麻酔がきれればひりひりとした程度の痛みを感じることがあります。
凝っている感じや不便さを感じれば処方された痛み止めで痛覚を減らすことができます。
ある程度の圧力や衝撃を加えなければ骨の痛みは切開による痛みより少ないです。
弾力バンドまたはエンドタインの位置と特定表情によって引っ張るような痛みがあります。
痛みやひどい腫れは約5日前後で消え始めます。
体系的な治療システムで比較的早い回復が可能です。

* 実際手術された患者様方の手術後の設問材料を通し平均を出しました。

* 絶対的数値ではなく個人差がありますので参考までにしてください。

クリックしますと症例写真をご覧いただけます

手術前&手術後

手術前&手術後

手術前
手術後6ヶ月
手術前
手術後6ヶ月
手術前
手術後6ヶ月
手術前
手術後6ヶ月
手術前
手術後7ヶ月

※ 本イメージは撮影条件によって実物と異なる場合があります。患者様本人の同意を得て撮影後掲載しました。