バノバギ整形外科

모바일 헤더 배경
닫기

Main Menu

딤처리

より魅力的なVラインの発見

#エラ顎手術

どの角度からも魅力的な顎ライン

01 Vラインは一つの
象徴であるだけ 画一化してはいけません。

Vラインが美しい顔の代名詞になった近頃、人はなぜVラインに熱狂するのでしょうか?

その理由は細い顎が広い顎に比べて顔が小さく見え、比率的に美しいためです。
また、すんなりしている顎先は笑う口元と調和し洗練された印象を与えます。 そうすると結局、エラ顎整形の核心は比率的に美しくも洗練された印象を与える顎を作ることだと言えます。

사각턱 이미지1

単純にアルファベットのV字で全ての人に同じ顎の形を合わせるのは意味がありません。エラ顎整形の核心をわかっていたら、
各自に合わせ、より魅力的なVラインを見つける手術が可能です。 また、正面から見たときのVラインではない様々な角度からも目に見える顎をデザインすることもできます。

そのため、バノバギのVラインは
顎の始点から最後まで 多様な角度からも美しい曲線を成す魅力的なVラインです。

02 一度の手術で改善することが効果的です。

よく顎手術を便宜上、横顎、前顎などに区分し行います。エラ顎が悩みであれば 横の角部分を削りだし、厚い前顎が悩みであれば顎先を整える手術を 行います。しかし、実際人の下顎は一つの骨で成り立っています。また立体的です。 そのため、エラ顎手術は横顎と前顎を一回で行うのが良いでしょう。そうすることによって比率的に より美しい結果を期待することができ、自然です。

사각턱 이미지2

もちろんこのような手術方法は単純でも、簡単でもありません。
患者様に負担を与えない時間内に正面と側面を同時に考え行わなければならないからです。

自然で美しいエラ顎手術、精密な計測と熟練された専門医の技術を持ち合わせたバノバギ輪郭整形専門チームなら可能です。

03 全ての組織を考慮した手術で
回答を探し出します。

咀嚼筋,顎骨,峡部脂肪 咀嚼筋,顎骨,峡部脂肪

一般的に顎骨が大きな場合にはその顎を動かすために筋肉も一緒に発達します。また、顔に肉が多い場合は皮下脂肪と峡部脂肪が発達した場合が多いです。
このようなケースの患者たちに骨だけ切るエラ顎整形はその効果が見えづらいというのが事実です。よって、より効果的なエラ顎手術は筋肉と脂肪など顔の組織に対し多角的な接近を一緒に成す手術です。この複合的な診断と手術はそれほど顔面輪郭と全ての領域をカバーしそれを理解する医療陣が行うことによって満足度が高い結果がでます。

  • バノバギは、

    2000年開院以降、体系的なインフラを持ち合わせた医療機関として成長し、分野別専門医たちが集まり該当分野に対し集中的に研究し手術するシステムを追及しました。

    バノバギのエラ顎整形は顔面輪郭パートの整形外科専門医たちが顔の骨と組織に対しての悩みの結果はもちろん

    下顎の骨切手術咀嚼筋縮小術、皮質骨切術深部頬脂肪の除去術のような複合的なエラ顎手術法方を完成させました。

  • 플러스 下顎骨切手術

    より耳の下側の角部分をエラ顎または下顎角といいます。下顎角が過度に発達している場合、顎ラインが厚く顔の輪郭が自然ではなく角が見えています。下顎角を成す骨を薄く丸く削りだし正面または側面から見たとき自然な曲線を描くように、顎先につながる顔のラインを細くしなめらかに改善します。

  • 플러스 咀嚼筋縮小術

    耳下の顎部位を押してみると深い部位の筋肉があるのがわかります。これは咬筋といい、噛む機能の一部を担当する筋肉で、過度に発達すると突出型エラ顎を作る原因にもなります。

    ボトックスを利用して一時的な縮小効果を得ることもできますが、エラ手術時に手術的方法で一緒に除去すると永久的効果を維持でき満足度が高いです。

  • 플러스 皮質骨切術

    顔の骨は外皮質骨、海綿骨、内皮質骨、このように三つのそうで成り立っています。その中の外皮質を薄く外すと手術である皮質骨切術は熟練された専門医が執刀するとより安全で効果的な顎ラインの改善結果を得ることができます。

  • 플러스 深部頬脂肪除去

    顔の脂肪は二つの層があり、一つは皮膚のすぐ下に薄くある一層で脂肪と峡部脂肪といい、頬の奥深くにある脂肪です。上にある脂肪をとる時は脂肪吸引施術をし深くにある峡部脂肪をなくすためには口内を通し切除術をしなければなりません。

BANOBAGI SURGERY

マスコミと学界で認められる 顔面輪郭の名医!

사각턱 이미지3 - 오창현 대표원장, 박종림 박사

レット美人、レット美人タイ
ベトナムチェンジライフ、美しいあなた、旬の男など

代表キードクター

사각턱 뉴스사진

多様な学術活動、論文研究発表など

顔面輪郭のために
集中するパクジョンリム博士

사각턱 신문기사
박종림 박사 강연 사진

手術情報

エラ顎手術に合わせ回復を提供します。

  • 手術時間

    約1時間30分

  • 麻酔方法

    全身麻酔

  • 抜糸

    約14日後除去

  • 入院期間

    1日

  • 来院治療

    約2回内外

  • 回復

    約1週間後日常生活

手術後体感痛症

手術後体感痛症イメージ

手術後麻酔がとけずきずきする痛みを感じるかもしれません。凝っている感じや違和感を感じる場合もありますが、処方された鎮痛剤で痛みを減らすことができます。痛みや大きな腫れは約5日前後でなくなり始めます。体系的な治療システムで早い回復と良い結果を作ります。

  • * 実際手術された患者様方の手術後の設問材料を通し平均を出しました。
  • * 絶対的数値ではなく個人差がありますので参考までにしてください。

クリックしますと症例写真をご覧いただけます

手術前&手術後

手術前&手術後

手術前
手術後6ヶ月
手術前
手術後7ヶ月
手術前
手術後6ヶ月
手術前
手術後6ヶ月
手術前
手術後3ヶ月
手術前
手術後6ヶ月

※ 本イメージは撮影条件によって実物と異なる場合があります。患者様本人の同意を得て撮影後掲載しました。